歯型

歯医者の意外な活用法と矯正歯科の種類について

顎の治療

歯科

歯医者では、歯や歯茎、舌以外にも、あごの治療をしてくれます。
歯医者とあごの治療とではイメージがつかない人がいるかもしれませんが、歯科医院ではしっかり治療が出来るんです!
顎の治療が歯医者でできるとは以外ですよね。あごに問題を抱えている人は、歯医者へ行くついでに顎も診断してもらうといいでしょう。

あごの異常というと、やはり代表的となるものが顎関節症です。
これは、顎が痛くなったり、口が大きく開けられなくなったりします。また、歯磨きや、あくびで突然顎が抜けたような感覚になり、同時にものすごい痛みあ襲ってきます。
そうなると、食事もとりにくいですし、あごの痛みで夜もなかなか眠れなかったりします。その為、睡眠不足にもなるので日常生活に支障をきたしてしま事態にもなるのです。
また、一度、顎関節症になると、その後、治っても何度再発したりするので、かかりつけの病院を決めておくことも重要です。

顎関節症は、いろいろなことが要因で発病します。
そのうちのひとつに、ストレスがあります。

ストレスであごにくるの?とお思いの方もいるかもしれません。
しかし、ストレスが溜まってしまうと自分のからだの弱点の部分に、症状がでてきたりするので、もともとあごが弱いという人は、ストレスで顎関節症になったりするんです。
しかも、なると、長期間に及ぶ場合もあるので、あごが痛いな、口が思うように開かないなと思ったら、すぐに歯科医院に行きましょう!